住まいの相談窓口を利用するまでの流れをステップごとに解説!

公開日:

新築一戸建ての購入を検討しているものの、何から準備をすればよいのかわからないというケースがあるでしょう。その際には「住まいの相談窓口」を利用するのがおすすめです。中立の立場から、住宅のことを知り尽くしたプロのアドバイスを受けられます。そこで本記事では、住まいの相談窓口を利用するまでの流れを解説します。

住まいの相談窓口を利用するのはいつ頃がおすすめ?

人生でもっとも高い買い物といわれる住宅の購入ですが、何から準備すべきか分からない方も多いでしょう。また、住宅を購入する方の大半が初めての経験になるのに加え、簡単に買い直すことができません。

購入した段階から老後まで後悔のない住まいにできるのが理想ですが、簡単なことではないでしょう。そこで家づくりの強い味方になってくれる存在が「住まいの相談窓口」です。

住まいの相談窓口は、家づくりや不動産購入に関わるあらゆる相談を受け付けている場所です。家づくりで不安に感じやすい資金計画についても、親身になって相談に対応してもらえます。

とくに住宅ローンや資金計画について相談する場合、購入する家を決める前に相談するのがおすすめです。購入前に相談すると、住宅ローンや資金計画に関して知識を持ったうえで家づくり、住宅の購入を計画できます。

また、購入したい家を軸に検討すると、年収に対していくらまで借り入れできるのか、何とか返済できるかどうかで考えてしまいがちです。住宅ローンの借り入れ可能額はあくまで借りられる金額の上限であり、返済できるかどうかは別の問題だと考えましょう。

一方、物件が決まっていない段階で住まいの相談窓口に資金計画の相談を行うと、無理なく返済できるローンの金額を把握して物件を探せます。つまり、住宅ローン破綻に陥るリスクを軽減できるのです。

ただ、予算を把握している以上、思い切った決断がしにくくなるのが懸念点の一つかもしれません。また、物件が決まっていない段階での相談は、借入できる金額の予測です。借入額は金融機関の審査を受けて決まるため、借入額に誤差が生じる可能性があります。

住まいの相談窓口を利用する際に用意するべきもの

住まいの相談窓口で住宅ローンの相談をする際、何の準備もしないまま行ってしまうと相談が進まない可能性があります。相談に必要なものをチェックし、持参するようにしましょう。まず、物件を決める前の段階で住宅ローンの相談をする場合は、年収を知るための書類を準備しましょう。源泉徴収票もしくは確定申告書が必要です。

次に勤続年数を確認する書類として、健康保険証が必要になります。そのほか、車や携帯電話などのローンを組んでいる場合は、残債がわかる書類を持参するのがおすすめです。

次に、購入する物件がすでに決まっている場合、用意すべきものが追加されます。住宅ローンは購入物件を担保とします。そのため、購入する物件にどのような価値があるのかを判断する書類の提出が必要なのです。

そこで、購入予定物件の価格がわかる書類と物件の概要がわかる書類の2点を準備しましょう。どのような書類が必要なのか分からない場合は、相談前に担当窓口に確認することをおすすめします。

住まいの相談窓口を利用するまでの流れ

住まいの相談窓口を初めて利用する際、まずは公式サイトにアクセスし「店舗予約」または「ビデオ通話相談予約」を選択します。店舗でアドバイザーと直接相談するのもよいですが、状況によっては店舗に行くのがむずかしいケースもあるでしょう。

たとえば小さなお子さんがいて長時間相談するのがむずかしい、仕事が忙しくて時間の確保がむずかしいという場合は、ビデオ通話相談予約がおすすめです。自宅から出ることなく相談ができます。

相談方法が決まったら、次は必要事項を入力します。名前や電話番号、メールアドレス、相談希望日時などの入力が完了すると予約できます。なお、予約当日は住宅や不動産のことを知り尽くしたハウジングアドバイザーと相談できます。

ハウジングアドバイザーは幅広い相談に対応しており、資金計画はもちろん、将来設計に合った住まいの提案、家族ごとの条件の整理などに対応しています。さらに、相談者との話し合いの中で希望があれば、ハウスメーカーの紹介にも対応しています。

住まいの相談窓口は数多くのハウスメーカーの紹介が可能です。中立の立場を徹底しているため、顧客の要望に合わないハウスメーカーを紹介することはありません。

まとめ

家の購入や注文住宅づくりで心配になるのが、資金計画ではないでしょうか。予算の把握やライフスタイルに合わせたローンの返済プランは、快適な暮らしにとって欠かせないものです。そこで、家づくりに関する強い味方になる存在が住まいの相談窓口です。

住まいの相談窓口では、資金計画はもちろん、さまざまな家に関するアドバイス、提案を行っています。店舗相談、ビデオ通話相談予約に対応しているため、不安や悩みを抱えている方は気軽に利用してみましょう。

【名古屋市】住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 名駅中村店スーモカウンター 名古屋 タカシマヤ ゲートタワーモール店住まいの窓口 名古屋駅前店おうちモール 豊田店住宅相談センター 
特徴家づくりに関する悩みをすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口経験豊富なアドバイザーが理想の住まい探しをすべて無料で手伝ってくれる中立的な立場から家づくりのアドバイスをしてくれる住まいの相談窓口資金計画から住宅会社の紹介まで、家づくりを総合的にサポートしてくれる購入者側に立って豊かに暮らすための住宅購入をサポートする住まいの相談窓口
詳細リンク