住宅購入に手付金は必須?手付金が払えないときはどうする?

公開日:2022/11/15

これから住宅を購入しようと考えている人に、今回の記事はおすすめです。住宅を購入するときには、ある程度のまとまったお金が必要です。手付き金は必ず支払わなくてはいけないお金で、住宅ローンの融資が下りる前に支払う必要があります。手付き金が払えないときの対処法を紹介しますが、あらかじめお金に余裕を持っておきましょう。

住宅購入時の手付金について

手付金の金額に決まりはありません。住宅購入時には、ある程度のまとまったお金が必要になります。

売買契約書を締結するときに必要なお金

法律関係を安定させることと契約の成立を担保するために、手付金は必要です。売主と買主の物件購入の意思を示すものになります。

手付金の相場

手付金の金額に決まりはありません。一般的には売買代金の5~10%となります。手付金の上限は定められていて、購入価格の20%となっています。

手付金を支払うタイミング

住宅購入の流れは、情報収集、物件の申し込み、重要事項説明、売買契約、引き渡し、不動産登記となります。物件の申し込みのタイミングで支払うお金が申込金です。手付金は、売買契約のタイミングで支払います。手付金は、住宅ローンの融資が下りる前に支払わなくてはいけないので、ある程度のお金が手元にある状態にあることが前提となります。

解約手付けとしての意味

手付金は、やむを得ず物件の購入を解約したときの解約手数料やペナルティ料金となります。

違約手付けとしての意味

売主または買主のどちらかに債務不履行がある場合は、手付金を使用して契約を解除できます。この際、買主は手付金を売主は手付金の2倍の額を支払うことになります。

証約手付けとしての意味

売買契約が成立したことを証明するために手付金を支払います。3,000万円の物件であれば、売買代金の5%であっても、150万円は用意しなければいけません。

住宅購入において手付金は必ず必要なのか

手付金を支払わないと売買契約が成立した証拠になりません。必ず支払うようにしましょう。

一時的に支払わなくてはいけないお金

手付金の金額に決まりはありませんが、売買代金の5~10%を一時的に支払うようになっています。ただし、手付金を支払うと自己都合の理由では手元にお金は返ってきません。手付き金の意味を理解しておきましょう。

手付金がない!手付金が払えないときの対処法

いろいろな方法がありますが、手元にまったくお金がない場合は、購入のタイミングを変更するほうがよいでしょう。

手付金の減額を交渉する

あらかじめ決められた金額の手付金が用意できない場合は、不動産会社や売主に正直に伝えるようにしましょう。たとえば、300万円は支払えないが100万円であれば支払えるというような交渉をすると、相手もそこまで不快感や不信感を示しません。

この際、伝え方がポイントです。こちらがお願いする立場なので、申し訳ないという気持ちをまず伝えてから交渉しましょう。謝罪の気持ちを出さずに金額の交渉だけを行うと、相手が交渉に応じてくれないばかりか。自分に不利になるようなことになってしまう可能性があります。充分気を付けてください。

手付金が安い家を購入する

最初から手付金が安い家を購入すると、手付金で困ることがありません。不動産会社に手付金が安い物件を紹介してもらうとよいでしょう。ただし、人気物件は手付金が安くないところがほとんどなので、人気物件は諦めざるを得ないかもしれません。

一時的に親族などからお金を借りる

110万円を超えない範囲で一時的に親族などからお金を借りる方法があります。110万円を超えてお金を借りても問題ありませんが、確定申告で贈与税を支払う必要があります。そのため、110万円以上のお金を借りるときは借用書を作成しておきましょう。借用書には、借入金額、返済方法、利息などを記載しておきます。

一時的にカードローンなどを利用する

カードローンは、住宅ローンの審査のときにマイナスに働く可能性があります。どうしてもその家を購入したい場合はやむを得ないかもしれませんが、そうではない場合はあまりおすすめできません。

一時的に社内融資でしのぐ

カードローンを利用する前に社内融資の制度があれば、そちらを利用しましょう。現在は社内融資を取り扱う会社が少なくなりました。そして、融資には時間がかかるのが一般的です。どれくらいの時間を要するのか、きちんと確認しておきましょう。

購入のタイミングを変更する

手元のお金に余裕がないときに、住宅を購入するのは避けたほうが賢明です。その理由は、手付金以外にも住宅を購入するときに必要なお金があるからです。登記費用、火災保険料、引越し費用などが必要となってくるので、その都度お金のことで悩むのは心身ともによろしくありません。

まとめ

手付金は、住宅ローンの融資は下りる前に支払わなくてはいけないので、お金に余裕を持っておくことが大切です。手付金が払えないときの対処法も紹介しましたが、お金を巡るトラブルにならないように気を付けましょう。自分でまとまったお金が用意できないのであれば、購入のタイミングを変更するのが無難です。また、手付金を支払うと自分の手元にお金が返ってこないので、購入する前には慎重に考えることが大切です。

【名古屋市】住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 名駅中村店スーモカウンター 名古屋 タカシマヤ ゲートタワーモール店住まいの窓口 名古屋駅前店おうちモール 豊田店住宅相談センター 
特徴家づくりに関する悩みをすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口経験豊富なアドバイザーが理想の住まい探しをすべて無料で手伝ってくれる中立的な立場から家づくりのアドバイスをしてくれる住まいの相談窓口資金計画から住宅会社の紹介まで、家づくりを総合的にサポートしてくれる購入者側に立って豊かに暮らすための住宅購入をサポートする住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧