住まいの購入に最適なタイミングはある?

公開日:2022/11/01

住まいの購入に最適なタイミング

家を購入するのにベストなタイミングは明確に決まっていませんが、一般的に30~40代が家を購入するタイミングとしてもっとも多くなっています。今回の記事では、家を買うタイミングを、年齢、年収、生活スタイルの変化、ライフイベントごとに紹介します。また、今後の不動産情報についても紹介します。ぜひ参考にしてください。

家を買うタイミングを考えてみよう

年齢と年収から見ていきましょう。20代、30代、40代、50代ではそれぞれ違いがあります。

年齢から家を買うタイミングを考える

一般的に30~40代で家を買う人が多くなっています。20代で家を購入すると、早い段階で住宅ローンの返済が終了します。しかし、20代の頃は収入があまり多くなく、家族や友人の結婚式や出産祝いなどで出費が重なるため、自分の生活にゆとりがあまりありません。

反対に、40~50代は金銭的に余裕がありますが、老後資金を貯めておく必要があるので、住宅ローンの返済にお金を使用したくないでしょう。そのため、30~40代がベストタイミングだといえます。

結婚と出産でライフスタイルの変化が起きやすく、仕事面でも中間管理職に就いて昇給するタイミングとなることが多いので、家の購入を検討するようになります。

年収から家を買うタイミングを考える

前年度の世帯年収をもとに借入金額が決定します。年収の6倍以下で返済負担率は年収の25%以内といわれています。理想は年収の20%以内といわれています。20代の頃は借入金額が低いことが予想されるので、毎月の生活がやや苦しくなることがあります。

年収400万円以上であれば35%程度の上限となっていますが、20代ではこれよりも年収が少ないことが予想されるからです。年収が上がり、支出の内訳も明確になってきたタイミングで家を購入するようにしましょう。また、世帯年収をもとに借入金額が決定するので、夫婦共働きの世帯は、2人の年収の合計になります。

生活スタイルの変化やライフイベントごとに考えてみよう

結婚、出産、子どもの進学、子どもの独立のそれぞれのタイミングについて見ていきましょう。遅くとも、子どもが小学校低学年までに家を建てておくとよいです。

結婚したら家を買うタイミングと考える

結婚を機に家を購入することで、将来子どもができたときに慌てて家を購入する必要がなくなります。しかし、子どもが産まれるかどうか分からないことに加え、子どもの人数も分からないので、間取りや部屋数を明確に決められないというデメリットがあります。

こちらのデメリットを解消するため、子どもが小学校に進学する前に、子ども部屋を作るためにリフォームすることや、大きめの部屋をあらかじめ設けておいて、パーテーションで仕切るなどして子ども部屋を作るのも有効です。

子どもが産まれたら家を買うタイミングと考える

子育てのしやすさを前提に生活するエリアを決めるので、生活したいエリアが決まったら家を購入しましょう。保育園、幼稚園、小学校までのアクセスのよさ、スーパーやコンビニまでの距離、病院や公園までのアクセスのよさなどを考慮しておきましょう。この際、小学校の近くに家を購入すると治安が良い場合が多いので参考にしてください。

子どもが小学校に進学したら家を買うタイミングと考える

子どもにとって、学校の転校や引越しはストレスになります。できれば子どもが小学校低学年までに家を購入するようにしましょう。子どもが小学校に進学したら、ある程度は家族構成も固まってくるので、それに見合った間取りや部屋数を決定しましょう。

子どもが独立したら家を買うタイミングと考える

セカンドライフを送るために家を購入するのもよいタイミングです。夫婦だけで生活するのであれば、そこまで広い大きさの部屋とたくさんの部屋数は必要ありません。

一般的に老後の生活を見据えて、バリアフリー設備が整った平屋や戸建てを建てることが多いようです。駅、バス停、スーパー、病院、ドラッグストアなどに近い場所に家を購入するのがおすすめです。

不動産価格の遷移・今後の動きもチェック!

世間のトレンドを敏感にキャッチしておくことは大切です。不動産を買うタイミングを誤らないためにも、不動産情報に触れておきましょう。

日本の不動産市場は今後縮小していく

日本の人口は現在減少しています。2008年が人口のピークでしたが、2050年には1億人を下回るといわれています。不動産市場においても、空き家問題が発生し、総世帯数の減少により注文数の減少が予想されます。

東京都心のマンションは今後も価格が上昇する

東京都心は、子育て世帯もそうですが単身世帯も多く生活するエリアになります。2013年頃から東京都心のマンションは価格が上昇しており、今後も継続するであろうと専門家は分析しています。

まとめ

家を購入するタイミングを誤らないために、金銭的にも精神的にも余裕があるときに購入するようにしましょう。また、家を購入するときは、家族計画も考慮して場所、間取り、部屋数などを検討する必要があります。子どもの保育園、幼稚園、小学校までのアクセスがよく治安がよい場所は人気のエリアとなっているので、トレンドを押さえておきましょう。また、不動産の価格変動は確認しておく必要があります。不動産を購入するタイミングを誤らないようにしましょう。

【名古屋市】住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 名駅中村店スーモカウンター 名古屋 タカシマヤ ゲートタワーモール店住まいの窓口 名古屋駅前店おうちモール 豊田店住宅相談センター 
特徴家づくりに関する悩みをすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口経験豊富なアドバイザーが理想の住まい探しをすべて無料で手伝ってくれる中立的な立場から家づくりのアドバイスをしてくれる住まいの相談窓口資金計画から住宅会社の紹介まで、家づくりを総合的にサポートしてくれる購入者側に立って豊かに暮らすための住宅購入をサポートする住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧