住宅ローンの借り入れに年齢は重要ではない?重要なのは○○のタイミング!

公開日:2022/11/01

借り入れに年齢は重要ではない?

住宅ローンの借り入れには年齢制限はあるのでしょうか?住宅ローンの借り入れをする時に気になるのが「年齢制限」です。とくに、歳をとってからの借り入れができるのかが心配です。今回は、住宅ローンの借り入れに重要なタイミングについて、わかりやすくご紹介します。

住宅ローンの借り入れに年齢制限はあるのか

実際に、住宅ローンの借り入れには、年齢制限はあるのでしょうか?結論からいうと、年齢制限はあります。ただし、高齢者を排除するようなネガティブな年齢制限ではありません。むしろ、日本の住宅ローンは高齢者でも不安なく借りられる仕組みに設計されています。

日本の住宅ローンの年齢に関する条件

日本の住宅ローンの年齢に関する条件は一体どうなっているのでしょうか?基本的には、次のように設定されています。「申込可能年齢は20歳以上から、70歳未満までの50年間」「完済時年齢は80歳未満まで」というのが一般的です。

ただし、若干期間が異なることもあります。金融機関によっては、完済時年齢が最大85歳までというところもあります。そのため日本の住宅ローンは、実際はかなり幅広い年齢で、住宅ローンの借り入れができるということです。

住宅ローンはフラット35がおすすめ

フラット35をご存じでしょうか?フラット35とは、住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して、一般の人々に融資を行う住宅ローンのことです。母体となる住宅金融支援機構とは、かつての住宅金融公庫のことです。住宅金融支援機構は、業務を引き継ぎ、多くの人たちが住宅ローンを借りやすい環境を整備しています。

フラット35のメリットとは?

フラット35には一体どんなメリットがあるのでしょうか?フラット35のメリットは、職業、勤続年数に制限がなく、担保・保証人が不要で、最大限度額8,000万円まで借りられることです。簡単にいうと、公務員や一流企業の社員でなくても、一般の人が家を建てるためにお金を借りられる住宅ローンということです。

フラット35で住宅ローンを借りた場合

フラット35で住宅ローンを借りた場合、返済期間などはどうなるのでしょうか?フラット35の返済期間は最短15年からで、最大35年まで借りられます。この期間中に返済できれば、住宅ローンが通ります。

たとえば「80歳(最大返済期限)-15年間(最短返済期間)=約65歳(最大借り入れ年齢)」というシミュレーションが、フラット35であれば可能です。さらにフラット35では「親子リレー返済」を利用すれば、満70歳以上の方も利用できます現在満70歳以上であれば、フラット35で「親子リレー返済」を利用してみることをおすすめします。

重要なのは完済のタイミング

住宅ローンを借りる上で重要な点とは一体何でしょうか?一般的に、住宅ローンを借りる上で重要な点とは、借りる時の年齢や若さだといわれています。確かに、できるだけ若い年齢で借りた方が安心です。

長期で借りられ、毎月の返済分を安く済ませることができます。ただし、住宅ローンを借り入れる人は、若い人ばかりではありません。現在のように高齢化社会では、若い世代よりも高齢者世代の方が、住宅ローンを利用する人が増加するという傾向にあります。

そのため、借りる時の年齢や若さだけが、重要な点ということはなくなります。現在の住宅ローンを借りる上での重要な点とは、実は「完済のタイミング」です。借りる時に、完済のタイミングを設定しておくことで、安心して住宅ローンを借りることができます。

年齢とともに起こるリスクも考えるべき!

一般的に住宅ローンは、20歳以上から70歳未満までの50年間であれば、借りることができます。ただし、年齢とともに起こるリスクを考える必要があります。それぞれの年代についてご説明します。

30代で予想されるリスクとは?

30代で予想されるリスクとは、結婚して、まだ子どもが小さい時なので、子どもの教育費がかかることです。家庭の収入によっては、住宅ローンの借り入れに影響を及ぼすことがあります。

40代で予想されるリスクとは?

40代で予想されるリスクとは、子どもが高校や大学に行く世代なので、親の生涯の中でももっとも教育費がのしかかってくる時期です。子どもが大学を卒業して、社会人になってくれれば若干借り入れがラクにできます。

50代で予想されるリスクとは?

50代で予想されるリスクとは、契約者の加齢により、健康状態に不安がでることです。健康に自信がないと、住宅ローンの借り入れには躊躇します。50代で、借り入れをお考えの場合は、充分健康に注意しましょう。

60代で予想されるリスクとは?

60代で予想されるリスクとは、契約者の老後資金問題です。60代を過ぎると、一般的に定年退職をしている年齢なので、収入が大きく減っています。そのため60代で住宅ローンを借りる場合は、フラット35の親子リレーローンを利用することをおすすめします。

まとめ

今回は、住宅ローンの借り入れに年齢は重要ではなく重要なのは完済のタイミングであることについてご紹介しました。一般の人にとって、住宅ローンを借りることは一大決心が必要です。できるだけ月々の支払いをラクにして、不安なく完済したいところです。ただし、年齢が高くなるほどローン期間が短くなるため、頭金を大きくするか、月々の支払いを大きくするかの選択が迫られます。そうなると中々、普通の人ではどうすればよいのかわかりません。そんな時は、名古屋市の住まいの相談窓口を利用してみることをおすすめします。きっと、あなたの力になってくれることでしょう。

【名古屋市】住まいの相談窓口ランキング!

イメージ1
2
3
4
5
会社名おうちの買い方相談室 名駅中村店スーモカウンター 名古屋 タカシマヤ ゲートタワーモール店住まいの窓口 名古屋駅前店おうちモール 豊田店住宅相談センター 
特徴家づくりに関する悩みをすべて無料で解決してくれる住まいの相談窓口経験豊富なアドバイザーが理想の住まい探しをすべて無料で手伝ってくれる中立的な立場から家づくりのアドバイスをしてくれる住まいの相談窓口資金計画から住宅会社の紹介まで、家づくりを総合的にサポートしてくれる購入者側に立って豊かに暮らすための住宅購入をサポートする住まいの相談窓口
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧